Eyes, JAPAN Blog > お勧めの1冊“コンピュータに魂が宿るとき”

お勧めの1冊“コンピュータに魂が宿るとき”

beko

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

去年の夏頃に紹介しました「お勧めの1冊」、レイ・カーツワイル著の「スピリチュアル・マシーン」の日本語翻訳版が出ました!早速amazonで購入し、今日届きましたが、英語版とはちょっと違った面白さがあるそうです。(私はまだ目を通してないのでわかりませんが…)
「彼のテクノロジーとアイデアは、私の人生における希望の光だ。本書は、鋭い予見者であり偉大なる発明家、そして良き友による、21世紀の”リフ(反復楽節)”である」とスティービー・ワンダーも言っております。

担当: 小熊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。