Eyes, JAPAN Blog > 爪楊枝&爪楊枝置き

爪楊枝&爪楊枝置き

beko

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

先日休憩中に爪楊枝の先端で無い部分は折って爪楊枝置きとして使うんだということを言われて「何〜!!」とまさに目から鱗だったんですが、調べてみるとどうも違うらしい。いろいろ説があって、1.爪楊枝置き、2.日本の技術の高さによる装飾、3.製造工程でどうしても焦げてしまうので削っている(確かに先端は黒っぽい)とか、どれが本当なのかはいまいち分かりませんでした。

無駄知識ってことでトリビアの泉っていうのがありますが、何がすごいって、スタジオセットで水中から気泡が上がっていく装置みたいなのがあるんですが、それが「Trivia」って文字になってる!今時の技術はすごいですね。

あ、ちゃんと仕事はしてますよ。昨日の写真のサーバ構築してます。

担当: 星野

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。