Eyes, JAPAN Blog > ぼくはきのうししゃもをたべました

ぼくはきのうししゃもをたべました

beko

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

会津を代表するヘンな会社 Eyes, JAPAN といえど、1年365日24時間おもしろおかしいことが起きているわけではないので、今日のような「日記のネタが見つからない日」というのも (たまには) あります。
そんなときに役に立つのが、「その日食べたものについて書く」という無難にして (それなりに) 恰好の付く種類のエントリ。
しかしながら、「僕は昨日ししゃもを食べました」のような内容ではいかにも芸がありません。

というわけで、昨日の私の夕食の中の一品を、作り方を添えて紹介しようと思います。

材料 (分量テキトウ) 材料は次の通り。分量はあまり気にしない方向で。

  • 木綿豆腐
  • 挽肉 (牛/豚/合挽きいずれも可。鶏でも美味しいかも。)
  • ニンジン
  • インゲン豆
  • シイタケ

この他、以下のものを使用

豆腐の水切り野菜を炒める 豆腐はパックから出してクッキングペーパー (ザルでも可?) の上に置き、軽く水気を抜いておきましょう。

鍋に油をひき、これくらいに刻んだ野菜 (ニンジン, インゲン豆, シイタケを) 炒めます。
風味付けは日本酒とほんだしで。
分量はその日の気分でテキトウに決めます。

挽肉投入豆腐投入 ニンジンがやわらかくなる程度に野菜に火が通ったら、挽肉を投下。
赤い部分がほとんど見えなくなるまでかき混ぜながら炒めます。

水切りしておいた豆腐をちぎって、鍋に放り込みます。
最後に醤油で味を付ければ…。

完成 完成です。
簡単にできて、大雑把に味をつけてもそれなりに食べられるので重宝しています。
ご飯のおかずに、酒のつまみにいかがでしょう?

ちなみに、コレといった料理名はありません。

担当: 成田 (味付けなど少々間違っても、それで死ぬということはない。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。