Eyes, JAPAN Blog > 戸ノ口堰第二発電所

戸ノ口堰第二発電所

beko

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。


月曜日は有休を貰って、運転免許証の更新手続きへ。
その他、ガス機器の点検をしてもらったり、台所の掃除をしたりして午前中を過ごしたのですが、午後は思いのほか時間が空いてしまいました。

天気も非常に良かったので、どこかへ遊びに行こうかと Google Maps で付近を探索したところ、一箕町松長の東の方に「戸ノ口堰第二発電所」なるものを発見。
発電所マニアとしては、見逃すわけにはいきません。
早速、原付に乗って突撃です。

県道64号を行き、磐越道を越えて少し過ぎたあたりで右手に折れます。
周囲からは山に隠れてまったく見えませんが、谷間に水田や畑が広がっています。
……さて、ここまで入ってきたのは良いのですが、急な勾配と、深い木立ちと、持ち前の方向感覚の悪さのせいで視界が悪く、なかなか発電所まで辿り着けません。
畑で草刈をしていた方に道を訪ね、どうにかこうにか発電所に辿り着きました。
写真は発電所ではなく、その上方に位置する取水口です。
(当然のことながら、発電施設は屋内にあって見えないので、あまり面白くない。)


道を教えてくれた方に、「このあたりは熊が出るから、ラジオ持ってたら鳴らしながら歩くといい。」といわれたのですが、あいにくラジオを持っていなかったので、鍵束をジャラジャラと鳴らしながら歩いていました。
錫杖か。


発電所から道なりに進むと、滝沢峠に出ました。
「こっち側から来れば、楽に着けたのに」と後悔しきり。
家に戻ってから再度調べてみると、近くに「戸ノ口堰第一発電所」があり、「そちらも見てくればよかった」と、更に後悔しました。
お出かけ前の下調べは入念に。

成田 (毛虫と桑の実争奪戦を繰り広げる男の霊)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。