Eyes, JAPAN Blog > Travel and Books

Travel and Books

Eyes, JAPAN Blog 編集部

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

2009814.jpg

昨晩、毎年恒例のアメリカ出張から無事に帰国しました。一緒に連れて行った学生4名+内定者+昨年インターンシップをしたドイツの学生もそれぞれ無事に帰国した様です。今年もCGの世界最大の学会/EXPOであるSIGGRAPH2009に参加してきました。1996年にはじめて参加したのがニューオリンズで開催されたSIGGRAPHだったのですが、今年で3度ぶりのニューオリンズでした。カトリーヌの被害以降初めてだったのですが、町並みもかなり再開発も進んでいるようでした(賛否両論ある様ですが)。但し、SIGGRAPH自体は開催地が南なのと(西海岸でないと人が集まりずらい)、景気の関係もあり今までで一番小さいものでした。その他にも友人と会ったり、商談のためサンフランシスコとLAを3週間弱まわってきました。こうやって毎年行けるのも社内のチームのバックアップがあってこそと感謝しています。

旅行というと、時差ぼけに悩まされる方も多いかと思いますが、私はできるだけ出発前日は仕事で徹夜をして、時間の感覚を鈍らせ(?)、飛行機に乗った瞬間に到着地の現地時間に時計を合わせてあとは少々のアルコールを頂き、機内食もまず食べずにアイマスク+Boseのノイズキャンセリングヘッドフォンでずーと寝てしまいます。そして現地についてからもどんなに眠くてもできるだけが我慢して現地時間に合わせて起きていたり、朝はできるだけ日光を浴びたり、食事もできるだけ時間に合ったボリュームをとったりしています。最近はほとんど時差ぼけになる事もなくなりました。

また旅行というと、今まで読めなかった本なども読める絶好の機会なので大量に持ち込んで読んでいます。結構重いので読み終えた本は途中で捨ててきたりもします。今年は英語版を読んで挫折していた「Black Swan」の日本語版を上下巻読破しました。噂通りかなり面白かったですが、「迷いの晴れる時間術」、「クリエィティブクラス」という本もかなり面白く、どちらも殿堂入りの本でした。また近いうちに本の感想なども書いてみたいと思います。

山寺
p.s. 写真は、サンフランシスコで撮影したものです。なんとなく時差ぼけのイメージで撮ってみましたが、、、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。