Eyes, JAPAN Blog > 今年のタブレットは

今年のタブレットは

shimizu

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

お家でWebをご覧になったりメールを書く際は、パソコンをお使いの方が多いのではないかと思います。
ちょっと気になる調べ物をしたいといった時に、冷え切ったパソコンに電源を入れてしばらく待つというのは、結構イライラが募るものではないでしょうか。
そこで、最近では iPad に代表される「タブレット」という便利な機械があります。
「ケータイでは文字が小さくて読めない」とか「どのボタンを押せばいいか分からない」といったお悩みに対しては、特にうってつけです。
どこにでも持って行け、ワンタッチですぐに画面がつき、文字も大きく、画面に触って分かりやすく使えます。

今年の市場では、諸々の事情により発売が延期され国内のファンをヤキモキさせているアップルの iPad 2 が今年も王者の座に付きトップシェアを維持するのは間違いないでしょう。
お風呂のフタ」を彷彿とさせる純正カバーが印象的なことも見逃せません。
また、タブレット専用に再設計されたAndroid 3.0を採用したモデルもと登場しています。
こちらはまだ日が浅いため今後の動向は未知数ですが、スマートフォンでの iPhone と Android の関係に倣えば、競合として十分期待できる可能性を持っています。
いずれの製品も以前に比べて基本性能が底上げされていますし、新たなサービスも追加されていきますので、これからの発展に注目したいと思います。

担当: 真水
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。