Eyes, JAPAN Blog > 私が使うmudbox

私が使うmudbox

beko

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

みなさん、こんにちは。

今日はMudboxについて話してみたいと思います。
MudboxというのはAutodesk社が販売しているCGソフトの一つなのですが、主にできることは同じくCGソフトの3DsMAXやMayaなどの3DモデリングのデータをこのMudboxに送信して、そのデータをMudboxを利用してテクスチャのマッピングや、スカルプトなどが簡単に行えるソフトのことです。Mudboxだけでも3Dのモデリングができます。

私が使う時は木など表面のテクスチャや凸凹感などのランダム間のあるテクスチャやスカルプトを作るときにとても便利だと感じました。

私が最初使う前に、「Mayaみたいに沢山覚えることがあって大変そうだなぁ」と思っていましたが、実際使ってみると30分位でだいたいのコツをつかめて一日いじっているとほとんど覚えられてしまいました。

学生は無料で使えますし、体験版でも使用できるのでちょっと気になった人はいじってみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。