Eyes, JAPAN Blog > 【セミナー告知】情報セキュリティセミナー 〜会津CTF/ロシアで行われたPHDays2012のCTF (Capture The Flag)に参加して

【セミナー告知】情報セキュリティセミナー 〜会津CTF/ロシアで行われたPHDays2012のCTF (Capture The Flag)に参加して

Eyes, JAPAN Blog 編集部

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

情報セキュリティセミナー 〜会津CTF/ロシアで行われたPHDays2012のCTF (Capture The Flag)に参加して

5月30日から2日間、ロシアの首都モスクワで開催された情報セキュリティに関する国際会議「Positive Hack Days 2012」で、Eyes, JAPANのスタッフでもあり会津大生2名を含む日本の学生チームがセキュリティ技術を競うコンテスト「Capture the Flag」(CTF)に参加し、9位に入賞しました。この大会成果報告を行います。

■主催:会津大学 羽生/金子
■後援:ホスト: 株式会社Eyes, JAPAN 代表取締役 山寺純
■コンタクト: seminar@nowhere.co.jp
■ 日程:
・日時:平成24年6月22日(金曜日) 18:00~20:00
・場所:会津大学産学イノベーションセンター(UBIC)3Dシアター
・定員:30名程度(申込不要)
・参加費:無料
・対象者:セキュリティに関心が高い方

■ セミナー概要
CTFはサイバー攻撃に対する実践的なセキュリティ技術を競うコンテストで、チーム対戦型で行われます。各チームには予め脆弱性を含んだサーバが与えられ、その脆弱性を発見し、自分のチームのサーバを防御しながら、相手チームのサーバを攻撃して、その中の機密情報を取り出すことで点数を競います。

会津大学の現役の学生2名も今年2月に東京大学、東京工業大学、東京電機大学の学生とチーム「Tachikoma」を結成。セキュリティ関連企業の技術者など、その分野の専門家によるチームが多い中、学生だけのチームが海外のCTFに参加するのは初めてのことで特別に出場が認められ、2日に亘る競技は全12チームで行われ、予選を通過した世界各国の強豪を相手に9位と健闘しました。このセミナーでは学生目線での情報セキュリティや国際的なCTF競技に参加しての感想、また今回の立役者でもあるセキュリティの専門家Marat Vyshegorodtsev氏による学生チームの立ち上げと会津CTFユーザーグループの今後の展望をご紹介致します。セキュリティを本格的に学んでみたい学生さんはぜひ積極的にご参加下さい。

http://www.u-aizu.ac.jp/events/phdays2012.html

PHDays 2012:
http://phdays.com/

■次第
18:00-18:05
ご挨拶 株式会社Eyes, JAPAN 代表取締役 山寺 純

18:05-18:20
「CTFとは?」会津大学 羽生 凌太/金子 正人
18:20-18:35
「はじめて海外のCTFに参加して」会津大学 羽生 凌太
18:35-18:50
「学生によるこれからの情報セキュリティ」会津大学 金子 正人
18:50-19:00
 休憩

19:00-19:30
「学生によるCTFチームの立ち上げ及び今後の展望」Marat Vyshegorodtsev氏

19:30-19:40
会津CTF(Capture The Flag) ユーザーグループの今後の活動のご紹介
株式会社Eyes, JAPAN 代表取締役 山寺 純

19:40-20:00
閉会、参加者からの質疑応答、交流の場

■ 講師: Marat Vyshegorodtsev(aka マラット)氏:
ロシア最大のセキュリティコンサルティング企業にてペンテスター およびセキュリティアナリストとして、誰にも言えないプロジェクト (^_^;)に従事した経験を持つ。 東京大学で修士を取ることを目的に来日後、 楽天のコンピュータ緊急レスポンスチームで働き始める。彼はDNS アーキテクチャのセキュリティに関する研究に興味を持つ。マラット は6年間のCTF参加経験を持つ。2011年、チームメンバとして参加した 「IV」チームが有名なDefCon 19 CTFの4位を獲得。 Twitter:@touzoku, Blog: maratto.blogspot.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。