Eyes, JAPAN Blog > パーソノロジー

パーソノロジー

kaneda

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

みなさんこんばんは。
一週間の最後の平日、金曜日。休みを心待ちにしている方もいるかと思います。

今日は、昨日面白そうな学問をテレビで見たので、その事について簡単に(知ったばかりで詳しくないので)紹介したいと思います。
その学問の名前は、『パーソノロジー』。人相科学と呼ばれるものです。

人の顔を見て、「この人真面目そう」とか、「この人は軽そう」など思う事があると思います。こういう事は、感覚的なものであり、実際にはどうであるかは分からないというのが普通です。
しかし、この人の顔をみて性格を判断すると言う行為、実際に研究されていくつかの顔のパーツと性格との結びつきが証明されているのだそうです。

どのように研究されているか、中身はというと、脳科学、統計学と強い結びつきがあるそうです。もう少し言うと、数百人等の人を集めて、性格と人相を比較して、関連性を探す等の事をするそうです。昔の時代だと、コンピュータが無くて手作業で探すしかなかったのですが、今の時代はコンピュータが発達しています。さらに、画像解析も研究され、顔認識を始めとした様々な事が出来る世の中です。人相と性格との関連性を見つける事も、断然容易になっている事でしょう。

私はこの学問を聞いて、興味を引かれました。というのも、自分の研究している学問の応用として面白い事が出来るかもしれないと考えたからです。
まだ、こういう学問があると知った程度なので、これから時間がある時に論文等を探して読んで、応用として研究できるか、調べてみたいと思います。
時間はかかるとは思いますが…

担当: 金田(面白いもの出来るといいなぁ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。