Eyes, JAPAN Blog > Microsoftの「HoloLens」

Microsoftの「HoloLens」

suzukiakihito

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんばんは。今日も雪のおかげで外を歩くのは一苦労でした。
さて、先日Microsoftが発表した「Microsoft HoloLens」が個人的にかなり興味をそそられました。
You Tubeで公開されているイメージ映像を見てみるとOculus RiftのようなVR(仮想現実)というよりはGoogle GlassのようなAR(拡張現実)に近いんだなと思いましたが、どうやらこの2つの間、つまりMR(複合現実)の世界を実現するデバイスのようです。確かにデモでは空間そのものが別な空間に変化したり目の前の空間にPCのディスプレイのようにさまざまな情報を投影したり、試作バイクに情報を上書きしていた様子が見れました。Windowsのホログラム、3次元写真はホログラムコンピューティング環境によって実現されていますが、今回のWindows 10にも搭載される予定の新しい環境はOculus Riftでも利用できるという。

Google Glassと異なる点は、HoloLensは家やオフィスといったPCがある空間での利用にこだわっている点でしょうか。処理はPCで行い、ヘッドマウントディスプレイはホログラムを投影する。なのでHoloLensはワイヤレスで映像を受信しているのみのようです。
イメージ映像で行われていた水道を修理していたシーン。HoloLensによって目の前の空間に遠く離れた技術者の指示がより分かりやすく現れることで簡単に修理が可能になっていました。このように説明が難しい技術的混乱状態のトラブルシューティングにも新しい解決策を与えてくれそうです。

最近よりVRやARの新しい技術が目立ってきたなと思います。これらの技術は今後高い確率で様々な業界・分野の革新的な発展に絡んでくると思うと、今回のような新しい発表にはわくわくがとまりません!

担当:鈴木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。