Eyes, JAPAN Blog > Eyes, JAPAN 田んぼアートがついに収穫を迎えました!

Eyes, JAPAN 田んぼアートがついに収穫を迎えました!

suzukiakihito

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんにちは、本日担当の鈴木です。今回は田んぼの稲刈りが12日に行われたので、これまでの田んぼアートの推移をドローンで空撮した写真で振り返りたいと思います!

DCIM100GOPRO

まずは6月26日から。Eyes, JAPANという文字が若干ですが色の違いで確認できますね。

DCIM100GOPRO

次に7月28日。稲が育ってきて葉の緑が濃くなってきました。この頃は文字との境界がわかりづらくなっていますね。

DCIM100GOPRO

8月27日。稲に穂がつき始めて再び文字がはっきり確認できます。この頃が最も田んぼアートとして見頃だったのではないでしょうか。

DCIM100GOPRO

9月27日。周りの田んぼではすでに稲刈りを終えているところも。稲が収穫期に入り黄金色の綺麗な田になりました!

DCIM100GOPRO

そして10月12日。待ちに待った収穫の日です!Eyes, JAPANという文字と20という数字の部分は手刈りで、それを終えた頃に上空から撮影した写真になります。残りをコンバインで刈っていくところです。

Eyes, JAPAN 20周年を記念して、田んぼの測量も含めて5月から始まった今プロジェクト。自分はドローンで空撮する担当として先日までお手伝いさせていただきましたが、気づくとあっという間でした。田んぼアートに関わっていた全ての方々、本当にお疲れさまでした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。