Eyes, JAPAN Blog > SWBFβテストやってみた

SWBFβテストやってみた

Seiya Kobayashi

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんにちは、アルバイトの小林です。

今回は、11月19日に発売されるSWBF(スターウォーズバトルフロント)のβテストをps4でプレイしてみました!

βテストには900万人を超える人が参加しました!これはβテストとしては異例の数と言えます。(EA史上最大だそうです)

それだけ期待を背負ったタイトルと言えます!IMG_6254

さて、ゲームの概要ですが、

このゲームはスターウォーズの世界観の中で戦う、アクション・シューティングゲームです。1人称、3人称どちらでもプレイできます。

モードはβではマルチ2種類(ウォーカーアサルト、ドロップゾーン)とミッションの3つをプレイできました。

プレイはできませんでしたが、他にもファイター・スコードローン、スプレマシー、ブラスト、カーゴ、ドロイドラン、ヒーローハントが公開されています。

今回はプレイしたドロップゾーン、ウォーカーアサルトについて話します。通常は兵士として銃を持ち戦います。この銃声は誰もが聞いたことのあるあの音!

ドロップゾーンは8対8で脱出ポッドの確保をめぐり争います。

脱出ポッドの近くに行きボタンを押すとカウントダウンが始まり、ボタンを押した方は守りきれば1ポイント獲得します。もう一方は逆にボタンを押し返すことで守る側に移ります。

そして、先に5ポイント獲得もしくは10分間でポイントが多い方が勝利となります。こちらはシンプルなルールで、練習したり最初にやるのに最適なモードだと思います。

 

一方ウォーカーアサルトは「ホスの戦い」を題材にしていてスターウォーズならではの要素がたくさんありスターウォーズの世界にいるような気がしてとても興奮しました!

ルールとしては、20対20で帝国軍と反乱同盟軍に分かれて戦います。

帝国軍はAT-ATを進軍させて、反乱同盟軍のパワージェネレーターを破壊すれば勝利。反乱同盟軍はマップに配置された通信ステーションを起動させYウィングを呼び出しAT-ATを破壊すれば勝利と成ります。(Yウィングが飛んでいる間だけAT-ATにダメージが通る)

そして、帝国軍はAT-AT、AT-ST、TIEファイター、反乱同盟軍はAウィング、Xウィング、T-47エアスピーダーに乗れます!!

これらで空中戦を楽しむことができます!!初めてのった時は興奮しすぎて地面に突っ込みそうになりましたw操作は多少アシストが付いているようで簡単に迫力ある戦いに参加できます!

マップには所々にアイテムが落ちていてその中にはビークルやがあり入手することで乗り込み操作することができます。

そしてその中にヒーローというアイテムがあり入手すると、自分がルーク・スカイウォーカー、ダースベイダーとなって戦うことができます!

まさかダースベイダーになれる日が来るなんて!

一見めちゃくちゃ強いんじゃないかと思いますが、40人対戦なだけあって、囲まれて一斉射撃を受けると案外倒せちゃいます。

そして勝ち誇れますw

IMG_6255

スターウォーズファンはやるしかないですね!

映画新作「フォースの覚醒」(12/18)上映前にもう一度映画を見直すのもいいかもしれませんね!

 

では、また戦場でお会いしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。