Eyes, JAPAN Blog > ディレクターがTogglで時間管理をして、可視化が捗った話

ディレクターがTogglで時間管理をして、可視化が捗った話

きたざわ

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

どの仕事にどれくらい時間をかけているのか?

私はディレクションをメインワークとしているのですが、ディレクターやマネージャーの仕事は可視化しにくいものが多く困っていました。
例えば電話やメールでのコミュニケーションの時間、社内外のミーティング、作業チケットの発行作業、資料作りや情報収集など…。
社内では作業チケットを発行してタスク管理をしているのですが、ディレクターのタスクは細かい作業が多くチケット発行を忘れがちになるため、自分の仕事は専らtodoistでタスクを書き出してこなしていく、というスタイルでした。
コミュニケーションの時間など”実際の成果物”がないものもあり、自分がどの仕事にどれくらい時間をかけたのかよく分からない、という状態が続いていました。

そこで紹介をされたのが、時間管理ツールの「Toggl」です。
Toggl


img-tgl01

簡単に時間管理ができる Toggle

Togglはいたってシンプルなサービス。
計測したいタスク名を入れ、ボタンを押すと時間計測スタート。
終わったらボタンをストップさせると、その時間が記録されます。

img-tgl07

計測した時間は、グラフで見ることができます。
プロジェクごとに計測されるので、どのプロジェクトにどれくらい時間をかけたのかが一目で分かります。

img-tgl03

しばらくの間はタスク管理にtodoist、時間記録にTogglを使用し、それぞれタスクを入力をして使用していました。
しかし、さらに便利に時間計測するChrome 拡張機能があったんです…!

さらに手軽に計測できる拡張機能 “Toggle Button”

Toggle Button

Toggl Buttonは、Togglが公式で出している Crhomeの拡張機能です。
この拡張機能に対応しているサービスが、こんなにあります!

img-tgl04

タスク管理ツールtodoistやasana、エンジニアには欠かせないTrelloやGithub、業務で使うGoogle Docsやスプレッドシート、カレンダー、WordPressにも対応しています。

これはどういう機能かというと、上記対応サービスの中に計測ボタンが表示され、Togglと連動してくれるというもの。

実際の例ですが、サービス内にこんなボタンが表示されます。ボタンを押すと、勝手にToggleと連動して計測をしてくれます!(下記はtodoistの画面)

img-tgl05

しかもプロジェクトの情報などをTogglの画面を開かずに編集する事が可能です。

img-tgl06

さらに、拡張機能を入れるとブラウザの右上に計測ボタンが表示されるようになるため、Chromeを開いている限りあらゆる時間を手軽に計測できます!
本当に便利です。

使ってみた感想

  • 作業チケットにしづらい細かいタスクも簡単に時間計測できて良い
  • そしてそれが意識せずとも記録され可視化され便利
  • 作業の割り込みが入るとそれを優先させたり、作業の途中で気になる事があるとその作業を始めてしまうという事があったが、それが減ってきた。「今はこの作業やってるんだ」という意識になり、効率が上がったような気がする

Togglはグループでの利用もできます。
今は自分の時間の記録用として使っていますが、グループで利用をして時間の可視化をすることによって作業効率化も見込めるなど、可能性を感じるサービスだなと思いました。

まずは自分の時間管理・可視化からはじめてみませんか? きっと新しい発見があると思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。