Eyes, JAPAN Blog > マンダラートでアイデアの量産!?アイデアを引き出すツール

マンダラートでアイデアの量産!?アイデアを引き出すツール

Misato Usui

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

こんにちは。会津若松は紅葉がとても綺麗ですが、このところめっきり寒くなってきました。そろそろ本格的な冬の到来でしょうか。

さて、11月19日・20日と三島町で『サービスデザインワークショップ〜”Living Anywhere” 若者たちと全く新しい地方創生を考える〜』というテーマでサービスデザインの手法を体験できるワークショップを開催いたしました!
その様子はまた改めてお伝えするとして、今日はそのワークショップの中で使ったアイデア出しのツールを1つご紹介したいと思います。

それがこちらのマンダラート↓
mandal-art-00

なにやらマスがたくさん並んだだけのこのツール。実は無理やりにでもアイデアを引き出すことのできるツールなんです。アイデアを出すのってなかなか大変ですよね。。
では早速、どうやって使うのか見ていきましょう!

中心のマスに出したいアイデアのテーマや単語を書きます。(今回はワークショップで実際にアイデア出しをしたテーマを入れています。)
次にそのテーマから連想する単語やアイデアなどを回りの8マスに書いていきます。
mandal-art-01

単語が8つ出せたら、次はその各単語から連想する単語やアイデアをさらに8つずつ出していきます。
mandal-art-02

mandal-art-03

マスは全部埋められなくても大丈夫ですが、極力全部埋められるようにがんばってみましょう!15分など時間を決めて集中して行うとより効果的です。
このシートを埋めるだけで、一気に72個のアイデアのヒントを出すことができました。あとは、このシートを見ながらさらにアイデアを発展させても良し、人に見せて新しいアイデアをもらうも良し。

また、一度書いたマンダラートは捨てずに取っておくと、後から新しいひらめきの種になるかもしれません。

今回のワークショップ用に作成したマンダラートをpdfでダウンロードできるようにしましたので、みなさんもぜひやってみてくださいね。
http://preview.nowhere.co.jp/blog/Mandal-Art.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。