Eyes, JAPAN Blog > 会津若松市で現金を使わない生活をするには

会津若松市で現金を使わない生活をするには

amito

最近現金を使わないことに努めています。現金を使わないメリットは、大きく二つあります。

  • 小銭を持たないので財布が薄く小さく軽くなる
  • Money Forwardなどの家計簿アプリに支出が自動で記録される

特に私は物を置き忘れることが多いので、財布はポケットに常に入れておける小さいサイズがいいのです。

LINE Payを使う

LINEが提供しているチャージ式の決済システムです。Web決済、バーコード決済に対応しており、LINE友達への送金やお店での割り勘もできるのが特徴ですが、一番汎用的に使えるのはLINE Payカード。JCBのプリペイドカードで、JCBに対応しているお店ならチャージ残高から支払いが可能です。

もう一つの大きな特徴はポイント還元率。2%のLINEポイントがつきます。

追加でアプリをインストールする必要はなく、LINEアプリですぐに申込できるのでぜひお試しください。Money Forwardにも対応しています。

銀行口座からの引き落とし、コンビニやセブン銀行ATMでチャージが可能です。

LINE Pay

Apple Payを使う

言わずと知れたApple Pay。JRがリリースしているSuicaアプリでLINE PayカードからSuicaにチャージすれば、実質LINEポイントが付与された形で使えます。Apple WatchやiPhoneでタッチするだけで支払いできるので、財布は小さくなるどころか持っていく必要がありません。会津若松では今の所コンビニと一部のスーパー、家電量販店などで利用できます。

Apple Pay

楽天ペイを使う

楽天の電子決済サービスで、お店側のアプリに表示されたQRコードをスマホで撮影するだけで決済できるのが特徴です。すでに楽天アカウントとクレジットカードの登録ががあれば、楽天Payのアプリをインストールするだけですぐに使い始められます。会津若松市でもすでに多くのショップや美容室、居酒屋、BtoBの業者に至るまで幅広く普及している印象があります。お店では導入時に小型のクレジットカード決済端末が手に入るらしく、楽天ペイの普及と同時にクレカ対応店も増えそうで嬉しいです。

楽天ペイ

会津ではnanacoも強い

会津には市内だけでも数え切れないほどのセブンイレブン、ヨークベニマルといったセブン&アイグループの店舗があり、全ての店舗でnanacoが使えます。日常的な買い物だけであれば、nanacoだけで生きていけるかもしれません。店頭レジやWebからクレジットカードでチャージできるほか、セブン銀行ATMでもチャージが可能です。LINE Payほどではありませんがポイントも貯まるので、特に主婦の方にオススメです。

nanaco

大手コーヒーショップの場合

会津若松市のドトールはSuicaで決済できるほか、クレジットカードでWebからチャージできるドトールカードがあります。アピタ会津門田店の中にあるタリーズも同じようにタリーズカードがあります(Suicaなどは非対応)。スタバは会津にはありません。

ラーメンの場合

会津で現金を使わずにラーメンを食べるのは至難の技ですが、唯一会津若松駅隣の「まるたか食堂」はSuicaなどの交通系カードで支払いができます。

カード3,4枚とiPhoneがあれば生きていけるかも?

私の場合、LINE Payカード・nanaco付きクレジットカード・キャッシュカードとApple Watchがあればなんとかなりますが、流石に何かあったとき怖いので現金も少し持ち歩いています。少しでも皆様の財布の軽量化につながれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。