Eyes, JAPAN Blog > 貂明朝とイラストのフォント

貂明朝とイラストのフォント

きたざわ

去る11月28日に、PhotoshopでおなじみのAdobe主催のイベント「Adobe Max」が横浜で開催されました。
その中で新しいフォント「貂明朝(てんみんちょう)」というフォントがリリースが発表されました。

今回は貂明朝の紹介と、イラストを使ったフォントをご紹介したいと思います!

貂明朝

貂明朝は貂(てん)をモチーフにしたフォントで、やわらかい雰囲気のフォントです。
現在は、Adobeの有償プランを使用しているユーザーのみ使用できます。(TypeKit からダウンロード可能です)

貂明朝を従来の明朝体から際立たせている特徴は、躍動感のある手書きの文字の特徴に加え、江戸時代の瓦版印刷に見える運筆の特徴も取り入れていることです。伝統的な明朝体の画線の先端を丸め、やや太めに仕上げ、ふところは小さめにしています。
引用 : 可愛らしくも妖しい「貂明朝」登場

明朝体は伝統的な様式と現代的な様式があり貂明朝はそれらを融合させたフォントとのことで、「そのような明朝体を作り上げるには、かなりの研究が必要でしたし、仮名ほど大胆な表現ができない漢字に表情を持たせるために、何度も大掛かりな修正を繰り返さなければなりませんでした」と貂明朝のデザイナーの西塚京子さんは述べています。
仮名は曲線が多く1文字あたりの密度も少ないので表現の幅が広く、漢字は直線が多く1文字あたりの密度が高いので、かなり大変であったことがうかがえます。
(余談ですが西塚さんは福島県出身だそうです)

文字そのものの美しさもさることながら、貂明朝には隠し文字(イラストフォント)があり、それがまた可愛いのです…!
隠し文字は、「字形」ウインドウから表示させることができます。
アルファベットのLOVEや、左右上下の指、郵便マークなどがあります。かわいい。。

来年には隠し文字のSVGのカラーグリフもリリース予定とのことなので、そちらも要チェックですね!

参考リンク

イラストフォントがあるフォント

貂明朝は貂の可愛いフォントがありましたが、そのほかにイラストがあるフォントをご紹介します。
※ライセンスについては各自ご確認の上ご使用をお願いします。

mini-コンビニ

Webサイト

コンビニをテーマにしたフォント。
コンビニに売っているような主要商品のイラストフォントが楽しめます。
文字はひらがなとカタカナのみで、漢字は含みません。

カタカナフォント 「オドリコフォント」

Webサイト

踊り子が踊っているようなフォント。
カタカナフォントですが、よく見ないとわからないところが良いですね。

しろくまフォント

Webサイト

しろくまの肉球をイメージした手書きフォント。
傘マークや星、ハートなどが使用できます。

World outside

Webサイト

日常的なものをモチーフにしているイラストフォント。
イラストのみ収録されたフォントです。

まとめ

イラストのフォントを使う機会は滅多になかったのですが、用途によってうまく組み合わせてみるのもいいと思います。
貂明朝はAdobeの有償ライセンスをお持ちの方はぜひ試してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。