Eyes, JAPAN Blog > ペンギンの凄さ

ペンギンの凄さ

satoreon

こんにちは!

アルバイトの佐藤です。会津はだんだん暖かくなってきました。桜の季節が近づいております。

そんな時になんですが今日はペンギンの凄さについてお話したいと思います。

ペンギンってなに?

ペンギンとは私が勝手にLinuxというOSのことを呼んでいるのですが、Linuxってすごいな、かっこいいなと思って記事にしました。前回の私の記事ではいろんなOSをインストールたことについての話で、Linuxをいくつかインストールしました。

かっこいいですよね。お腹も大変可愛いです♡

LinuxのマスコットキャラクターTux君です。

そもそもLinuxってなに?

1991年にフィンランドの大学生リーナス・トーバルズが開発し世界に公開しました。Unixとはその当時主流だったOSで(今でも使われている)LinuxはUnixを真似て作られました。したがってLinuxはUnix系OSと呼ばれています。

Linuxはいっぱいある???

Linuxにはいくつかのディストリビューションというものがあります。LinuxというのはそもそもLinuxカーネルのことを指しています。そのため、カーネルだけではコンピュータは動かないため、アプリケーションをパッケージ化し、Linuxを利用しやすいものにしたものをディストリビューションと言います。

Linuxの主なディストリビューション

Linuxのディストリビューションには主に3系統があります。

  1. RedHat系
    Fedora
    CentOS
  2. Debian系
    Debian
    Ubuntu
    Linux Mint
    Zorin OS
  3. Slackware系
    Slackware
    openSUSEetc…

このようにいっぱいあるわけですがまだまだ他にもたくさんあります。

じゃあどれがいいの?

どれがいいの???なんて思う方もいるかもしれませんが厳密にはどれがいいのか私にはわかりません笑

理由はディストリビューションによってその目的、用途が異なるためです。

ただ、どれがいいかわからないから名前かっこいいしこれにしようなんて安易な考えで選んでしまうとネット上に情報が少なかったりして困ってしまいます。

ですので、有名どころのUbuntuを使うのが良いと一般的には言われています。Ubuntuという名前は思いやりという意味でその名の通り大変使いやすくマウスで操作しやすいなと思います。

Linuxディストリビューションのシェアは2017年2月のデータで少し古いかもしれませんがこの時点で

Ubuntu 35.2%

Debian 31.8%

CentOS 20.5%

だそうです。

この3つは圧倒的に強いです。

書店に行くとわかりますが、CentOSやUbuntuはよく本が揃っています。

結局Linuxって何が凄いの?

何が凄いんでしょう。それを語るのは難しいです。なぜならまだ私はLinuxマスターにはなっていないからです。いつかLinuxマスターになりこの記事のアップデート版を出したいなと思います。

しかし、パソコンを操作するにあたって誰しもがスムーズにWebサイトを閲覧したり、色んさ作業をしたいとお思いのことだと思います。そういう方にはぜひLinuxをお勧めします。

なぜならLinuxはWindows,Macなど他の主要なOSと比べて圧倒的に軽いからです。実際にLinux 軽いなどとググってみると

「古いパソコンにLinuxインストールしてみた」「ハードオフで2000円で買ったPCにLinuxインストールしてみた」等の記事が見つかります。ほとんどのPCにはWindowsがインストールされているかと思いますが、Windowsは大型アップデートをするたびに重くなると言われています。そんなことでお悩みのPCにLinuxをインストールすると、あら不思議。魔法がかかったように早くなったわ。なんてことがあります。それがLinuxの素晴らしいところだと今現時点で私は思います。もちろん、Linuxのディストリビューション によって軽い思いはありますが、Linux全体的にみて他のOSと比べると大変軽いです。

パソコンが重いけど新しいパソコンを買う気はないと思う方はLinuxのインストールにぜひチャレンジしてみて下さい。

参考:https://eng-entrance.com/linux-distri-share-2017

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。