Eyes, JAPAN Blog > iOSのクリップボードマネージャ「Copied」がiPadで捗る

iOSのクリップボードマネージャ「Copied」がiPadで捗る

amito

Copiedはクリップボードの履歴を管理できるアプリ

パソコンでクリップボードの履歴を扱うツールを使っている方は多いのではないでしょうか。僕もMacのAlfredというアプリのクリップボード管理機能を使っています。過去にコピーしたテキストや画像に簡単にアクセス・再利用できるので非常に便利です。

CopiedはそれをiOSで実現してくれるアプリ。iCloud同期などの追加機能にはアプリ内課金がありますが、基本的には無料で利用できます。

iPadで真価を発揮

iPadではSplit ViewとSlide Overというマルチタスク機能があります。これらを使えば3つのアプリを同時に起動して使うことができるわけですね。

例えば、左にメモ、右にSafariを起動して資料のための情報収集をしていたとします。Slide OverでCopiedを立ち上げておけば、気になるURLや画像をコピーするだけでどんどんCopied内に溜めていくことができるんです。

溜めたURLはマルチタッチで複数選択してまとめてドラッグ&ドロップすればメモに転記可能。

iOSはアプリのバッググランド実行に制限があるため、iPhoneではなかなか同じことをやるのは厳しいのですが、iPadであれば十分実用的ですね。ぜひお試し下さい。

AppStoreでCopiedをインストール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。