Eyes, JAPAN Blog > エストニアの「e-Residency」を取得してみた(申請編)

エストニアの「e-Residency」を取得してみた(申請編)

藤沼


本ブログでは過去2回にわたりエストニアの電子国家戦略「e-Estonia」について取り上げてきました。今回はいよいよ電子居住権「e-Residency」を実際に取得した私が、申請方法をご紹介させて頂きます。

e-Estoniaの取り組みについてご存知でないという方は、まずは以下の記事をご覧いただくことをオススメします。

エストニアの電子国家戦略のおさらい

e-Estonia:「国」の概念を覆すエストニアの壮大な電子国家戦略

エストニアの電子居住権「e-Residency」とは?

「e-Residency」の申請手順

実はとっても簡単で、海外のサイトでご自身でホテルや航空券などを予約するのと同じ様な感覚で申請できてしまいます。
※なお、本記事で掲載している画像はe-Estonia公式サイトより引用しております。

まずはe-Residency公式サイトにアクセスし、右上の「Apply now!」をクリック。
apply now

すると、Application for e-Residencyというサイトに遷移します。
application for e-residency

ここで氏名、住所、生年月日、パスポートの写し(画像ファイル)、旅券番号、申請理由(英文で回答)などの情報を問われますので、質問に従って入力します。英語での回答になりますが、難しい内容ではないですので個々の説明は割愛します。
application form注:上記は一部。記入事項は他にもあります。

なお、「Pick up location」は、申請が通った後にIDカードを受け取る場所です。日本の方は Japan, Tokyo を選択してください。(エストニア大使館での受け取りになります。)
pick up location

次ページに遷移すると、内容の確認を促される画面に遷移します。問題がなければ、画面に従いクレジットカードにて申請手数料(101.99€ ※執筆時点)を決済します。
review your information

最終的にこの画面が表示されれば、申請行為は完了です。とっても簡単ですね。

エストニア警察・国境警備隊からのメールを要チェック

申請内容はエストニア警察および国境警備隊によってチェックされます。申請内容に不備や確認事項があるとe-mailで問い合わせが来ますので、内容に応じて対応しましょう。

実際に私もアップロードした写真に不備があったり、SNSのアカウント提示を求められたり、簡単な職務経歴(CV, resume)を尋ねられたりしました。SNSに関してですが、私はLinkedInのアカウントをを提示しました。職務経歴も載せていますし、日本語だらけで雑談混じりの投稿もあるFacebookやTwitterアカウントよりもよっぽど信用力があると勝手ながら思っています。

それでは次回、受領編をお楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。