Eyes, JAPAN Blog > 年末はGAEで!

年末はGAEで!

Taisei Igarashi

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

はじめまして、五十嵐と申します。
アルバイトとしてこの会社で早2ヶ月ほどたとうとしています。
雪で電車が正常に運行しないので冬はあまりよくないですね。
今回、ネットワーク関係のアルバイトしている私があえて記事にするのは

GoogleAppEngineです!

WEBページを簡単に作るならこれしかない、というほど手軽です。
今回はHelloWorldを表示する手順を簡単に紹介します。

1.SDKをインストール

今回はPythonを使用します。
Download the Google App Engine SDKから、SDKをダウンロード、インストールしてください。

2.2つのファイルを作成

新しいディレクトリを適当に作ります。その中に
1)app.yaml

———————————

application: hogehoge
version: 1
runtime: python
api_version: 1

handlers:
- url: /.*
script: hello.py

———————————
これはWEBページの構造、詳細データなどを各ファイルです。
2)hello.py
———————————

print 'Content-Type: text/plain'
print ''
print "Hello World!"

———————————

ソースコードです。

3.GoogleAppEngineLauncherを起動

[File]=>Add Existing Application&今作ったディレクトリを選択、ポートも適当に選択

4.RUNを押す

ローカルでは終わりhttp://localhost:8080/にアクセスしてHelloWorldが表示されているのを確認してください。

5.appengine.googleで新しいアプリケーションを作成

6.アプリケーションの名前を取得&app.yamlを書き換え

7.Deployを押し、Googleにログイン

8.終わり

http://[アプリ名].appspot.com/にアクセスしてHelloWorldが

表示されているのを確認してください。
10分足らずですがこれで自分のページが全世界に公開されます。
たぶんHTML、PHPも使えます。
ポイントは便利なコンソールと、サーバーの信頼感です。
遊び程度の容量なら無料なので、触ってみたらどうでしょうか。

私は高校の頃これのみを使っていたので今サーバー関係を勉強中です。
初めてなので汚くてすみません。
————–
担当 五十嵐

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。