Eyes, JAPAN Blog > 3Dモデリングツールの紹介

3Dモデリングツールの紹介

Takumi Yamashita

この記事は1年以上前に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

山下です。

最近仕事で3Dモデルを編集することがあったのでその時に使ってみたソフトをまとめます。

  • Google Sketch up
    • Googleが出してる3Dモデリングツール。
    • 機械的な模型や、街や建物、標識といったもののモデリングに使える。
    • 使い方がシンプルでとても使いやすい。
    • Pro版も1ヶ月は無料で使える。
  • Meshmixier
    • 視点操作が右クリック+マウス移動で出来るので視点の操作方法には迷わない。
    • モデルをペイントツールのように部分的に選択して編集や削除ができる点が直感的。
    • 元から提供されているサンプルobjが豊富。
    • 参考サイト:超初心者でもできました!Meshmixerで作る合体モンスター
  • Blender
    • 紹介動画を見ていただければ分かる通り自由度が高くかなりなんでもできる。
    • 逆に機能が多すぎて使いこなすのが難しい。
    • 視点操作はテンキーを使うので、無いPCだと快適な編集が厳しいかも。

ちょっとしたものを作るなら、GoogleSketchUpや、meshmixierで十分に力を発揮します。

かなり凝ったものを作りたいときはBlenderを極めて使うといいでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは受け付けていません。